スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“我跟你說個事,你要相信我,而且不能告訴爸。”
他神情嚴肅看來不像是說謊
“你真的要相信我,那是我親眼看到的。”
我大概也猜到他要講的內容,在暗暗調節好心理准備
“你的房間裡……就剛剛…我看見[她]又走進去了…”
心裡粟然了一陣,因為現在就是午夜,眼前只有電腦屏幕在發著蒼白的光

一回頭,我也看見了
一個女鬼,在我不遠處
看不清她的容貌
但是我居然向著她走過去
舉起手後才想起來我是不能觸碰到[她]的
那一瞬間夢就醒來了

早上七點多
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 青花蝶. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。